大垣まつりが10倍楽しくなる「年代別ランキング」

 ※写真は岐阜町の「愛宕やま」  現存する10ヶ町の本軕の部門別ランキングを知る事で、大垣まつりをもっと楽しく見ることが出来ると思い、おさらいしながら紹介していきたいと思います。今回は建造年代別ランキングです。 第一位 岐阜町「愛宕軕」…正徳二年(1712年) 第二位 魚屋町「鯰軕」…寛政八年(1796年) 第三位 船町…

続きを読むread more

中町の『町標』の謎がついに判明!

 大垣まつりにおいて、十ヶ町の手古衣装の半被や夜宮の提灯などには『町標』と言われる図柄が描かれております。大抵どこの町内も、家紋であったり町名の頭文字一字を図案化したものであるのに対して、中町は太陽と鶴のデザインでその経緯が全く不明でした。太陽は朝日なのか夕日なのか。鶴は舞い上がっているのか舞い降りているのか。町内の長老に聞…

続きを読むread more

中町「布袋軕」の歴史年表

奥から「松竹軕」「恵比寿軕」「愛宕軕」「布袋軕」「鯰軕」「榊軕」「浦島軕」 大垣まつり中町の軕の歴史 ■慶安元年(1648年)…鮧(えびす)軕建造 ■延宝七年(1679年)…藩主から三両軕(神楽軕)を下賜される ■寛政十年(1798年)…布袋軕建造(初代) ■明治元年(1868年)…神仏分離令により、布袋軕は布…

続きを読むread more

玉乃井軕の「日本画」と布袋軕の「からくり人形」が赤穂市立美術工芸館に展示中!!

 先週日曜日の日帰り弾丸ツアー、題して「中町布袋会、赤穂にて大垣まつりをPR!」ですが、無事その役割を終えて帰ってきました。そして赤穂市出身の「後藤仁」氏の日本画と絵本、大垣でご活躍の「後藤大秀」先生の能面とからくり人形がそのまま、赤穂市立美術工芸館(田淵記念館)に展示されております。  玉乃井軕の踊り子の日本画は見慣れた…

続きを読むread more

布袋軕の彫刻が折れている!!

 昨日は布袋軕の「軕下ろし」でした。しかしその時に彫刻の折れを発見。鏡板側面の彫刻「櫛稲田姫(クシナダヒメ)」が手に持つ稲穂の先と、「須佐之男(スサノヲ)」の左手の小指・薬指。ショックです。櫛稲田姫の稲穂の先は勾欄下より発見。無事回収しました。しかし、須佐之男の指は完全に紛失している。原因は次の2点が想像されます。  ①桧材の…

続きを読むread more