布袋軕の彫刻の説明 Part3

 大垣祭軕調査報告書に記されたもう一つのキーワード『稲の穂を下げた天女』について、彫刻師の奥土居さんは、これは『櫛稲田姫(クシナダヒメ)』であるとの見解を示してくれました。櫛稲田姫の神名は「クシ(奇し=霊妙な)+イナダ(稲田)+ヒメ(女神)」、つまり水田(稲田)の神様です。とすれば、その対となる彫刻は、この女神と結ばれた『須…

続きを読むread more

布袋軕の彫刻の説明 Part2

 大垣祭軕調査報告書に布袋軕の彫刻の事が記されております。 『横は右袖に口から煙を出した人形、左袖に稲の穂を下げた天女が彫ってあった』  右袖、左袖とは後軕入口の左右にある鏡板のことであり、そこにこれらの彫刻が施されていた事を指しています。彫刻師の奥土居さん曰く、この記述は『鉄拐仙人(てっかいせんにん)』であることを示して…

続きを読むread more

布袋軕の彫刻の説明

 大垣市文化財調査報告書に記載された内容にもとづいて、布袋軕の彫刻は復元されました。『後軕の龍頭の彫刻は、創建以来本町の軕とその豪華さを競った』と報告書の中に記されています。後軕とは、軕の後ろ側の事を指します。大垣の軕の特徴の一つに『見送り幕』と呼ばれる大きな掛軸が下がっております。これは軕が通り過ぎた後の姿も、自慢の装飾品…

続きを読むread more

10月20日(土)は赤穂市に行ってきます。

 後藤仁(GOTO JIN)さんは、大垣でご活躍のからくり人形師、後藤大秀先生の甥御さんにあたる日本画家です。この度「日本画画業35周年記念」という事で出身地の赤穂市にて初の里帰り展を開かれます。開催期間は、10月20日(土)から12月17日(月)までで、初日にはオープニングセレモニーがあります。そこに参加するのが、からくり…

続きを読むread more

「戸田まつり」8年ぶりに5台が勢ぞろい。

 本日10月7日(日)、名古屋市中川区の『戸田まつり』に行ってきました。聞くところによると今年は4年に一度の大祭ということで、壱之割、弐之割、参之割、四之割、五之割の全5台の山車が揃うとの事。しかし4年前は天候に恵まれず中止となったそうで、実に8年ぶりの勢揃いだそうです。各割の神社を午前10時頃に出発し、辻といわれる場所に5…

続きを読むread more