布袋軕の彫刻の説明 Part2

 大垣祭軕調査報告書に布袋軕の彫刻の事が記されております。 『横は右袖に口から煙を出した人形、左袖に稲の穂を下げた天女が彫ってあった』  右袖、左袖とは後軕入口の左右にある鏡板のことであり、そこにこれらの彫刻が施されていた事を指しています。彫刻師の奥土居さん曰く、この記述は『鉄拐仙人(てっかいせんにん)』であることを示して…

続きを読むread more