竹島町「榊軕」に見る先人達の知恵

※写真は竹島町の「榊軕」  江戸期から明治期に建造された軕には、その道に携わった職人にしか分からない細やかな技術があるようです。軕の基礎となる木工部分は完成後に取り換えや新調するといったことが出来ないため、特に重要となります。中町の布袋軕を再建された坂下棟梁を「なるほどー」と感心させた部分が、下勾欄の土台となるトメの加工処理の…

続きを読むread more