大垣まつり、本軕の『袖(そで)』について

※焼失前の布袋軕。袖が確認できます。  本軕の『袖(そで)』とは、屋形後柱の外側に付く衝立のような飾り板、もしくは飾り枠で「脇障子」とも言います。焼失前の布袋軕の袖は、老松と自生する霊芝(れいし)を彫刻した袖板でした。新生布袋軕は、松に鶴の構図の袖板になりました。10ヶ町の本軕の袖を確認していきます。 本町相生山…袖はあ…

続きを読むread more