中町布袋軕が大垣まつりで披露する謡曲

※試楽に市役所前で謡を披露する様子  大垣まつりの歴史の中で、明治時代の一時期に五番立ての能を披露していたそうですが、そこからの流れが現在にも引き継がれています。中町の場合その当時は「旭軕」の時代で、謡曲加茂を使っていたそうです。濃尾震災で旭軕が焼失し二代目布袋軕が昭和20年の空襲で焼失するまで、加茂に因んだ軕とされてきた事か…

続きを読むread more