「布袋やま再建日記」最終章がいよいよ本格的に始動します。

布袋軕直前会議2.jpg

「布袋やま再建日記」最終章がいよいよ本格的に始動します。

先週の5月24日(日)午前9時30分より、先々週に引き続いての最終打合せが始まりました。今後、「中町布袋軕」は三ヶ年計画で完全復元新調を目指します。出席者は中町布袋会の有志、高橋建設社長と棟梁、ぬし与顧問と職方(塗師・金具師)、からくり人形師の後藤大秀先生他、大垣市教育委員会文化振興課様と大垣ケーブルテレビ様にもご出席いただきました。

布袋軕の復元新調に関しましては既に御周知の方もいらっしゃいますが、大垣市教育委員会文化振興課様の多大なるご尽力により、文化庁より復元新調の予算補助が付きました事をご報告させていただきます。(全国で初の事例となります)

いよいよ6月より復元作業が始まります。初年度は足回りの台輪と勾欄部分、手古棒、後軕部分の漆塗作業が主な仕事となります。今後は作業の進捗状況を随時ご報告していこうと考えておりますので、楽しみにしていて下さい。

布袋軕再建直前会議3.jpg
※布袋軕の漆塗り箇所の仕様確認の様子

この記事へのコメント