"日記"の記事一覧

「大垣祭の軕等修理委員会」十ヶ町の立場について

※大垣祭の軕等修理委員会の様子/場面2  「大垣祭の軕等修理委員会」第一回会議について先ほど記事に書きましたが、補足説明および十ヶ町の立場について考察したいと思います。まず今回の委員会のメンバーの任期は、平成30年4月1日~平成32年3月31日までの2年となっております。委員会メンバーは、各分野毎の専門家の先生が5名、大垣祭保…

続きを読むread more

「大垣祭の軕等修理委員会」第一回会議

※大垣祭の軕等修理委員会の様子  昨日平成30年11月30日(金)午後1時00分~3時30分まで、大垣市役所北庁舎北館2階会議室において第一回「大垣祭の軕等修理委員会」が開催され、中町から2名参加しました。国の重要無形民俗文化財に指定された大垣まつりですが、大垣祭保存会と修理等に関することは事前の修理委員会の会議によって決定さ…

続きを読むread more

「大垣まつり」十ヶ町の神社と軕蔵の位置について

※稲荷神社での本楽出発式の様子  大垣まつりの十ヶ町が所有する本軕の軕蔵は、そのほとんどが町内の神社に隣接した位置に構えています。中町の場合、稲荷神社の正面鳥居の横に東向きに構えております。十ヶ町の軕蔵の位置を確認していきます。 本町相生山…貴船神社の裏手に東向きに構えています。(本町1丁目75) 中町布袋軕…稲荷神社…

続きを読むread more

「大垣まつり」夜宮の有料観覧席について

※夜宮の八幡神社前の有料観覧席から見た神楽軕の回転の様子。  大垣八幡神社を正面に見る位置に桟敷席(有料観覧席)があります。席数は100席で、観覧時間は試楽・本楽ともに19時~21時までの2時間です。因みに金額は2500円となっております。その件でたびたび問題として持ち上がる事として、奉芸の主体を八幡神社にするのか、観覧者にす…

続きを読むread more

続、桑名市石取祭「石取会館」の報告

※石取会館から春日神社に向かう途中にある職人町の祭車蔵  くわな石取祭は春日神社の例大祭です。桑名宋社(春日神社)とは桑名神社と中臣神社の両社をあわせた総称であり、古来より桑名の総鎮守とされています。石取会館から歩いてすぐということでしたので、歩いて参拝に向かいました。真っ直ぐ1本道で、そこは職人町という通りでした。そこに祭車…

続きを読むread more